韓国ドラマの魅力とキム・レウォンくんにどっぷりはまっています。
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 「英雄時代」 69・70話(最終回)
2005年05月09日 (月) | 編集 |
05096.jpg


英雄時代」 69・70話(最終回) 韓国公式HP

とうとう最終回。どう終わるのかと思っていたら、テサンが
浦項に造船所を作るというところで終わったのねっ・・・。

最初の回でのシーンに、繋がらなかったというのが、
途中で打ち切りが、決まってしまったせいなのかな・・・?
もう少し見たかったなっ。

テホは、チョルギュに会長の座を譲り、残り少ない人生を
穏やかにすごしていけそうだし・・チョルミンが就任式に
出席してくれて、本当に良かったよっ。 

働いていた頃、私の部署が韓国と取引をしていて、現代・三星あてに
輸出をしていたので、このドラマはとても身近に感じ、興味深く見て
いました。働いている時にこのドラマと出会っていたら、担当の方と
話ができたのになぁ~なんて思いながら毎回見てました。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。